伊豆下田の偉人「下岡蓮杖」を全国へ。カメラの祖、下岡蓮杖プロジェクト

平成26年度小規模事業者地域力活用新事業 ∞ 全国展開支援事業

お知らせ・伊豆下田News

環境ポートレートについて

環境ポートレートとは?

聞き慣れない言葉ですが、景観(環境)と人物(ポートレート)を合わせた写真のことです。今回のコンテストでは、景観写真だけの部門(ランドスケープ部門)もありますが、写真に人物を入れることで、様々な表現が可能な環境ポートレート部門を設けました。
下田の美しい海や風情ある町並みを背景に地元の人たちを撮るのもよし、市内にあるお店のご主人を店内で撮るのもよし、観光客を越しに自然景観を撮るのも環境ポートレートです。景観と言っても自然景観に限りません。例として、以下の写真を参考にしてください。

kankyo1.jpg

kankyo2.jpg

蓮じいが伝授!知っておきたい環境ポートレート撮影の注意点

<コミュニケーションが大事。まずは一声かけるんじゃ。>
みんなが下田で撮影する時は赤の他人を撮ることになる。ひるがえって、もし自分が被写体になったらどう思うかを考えてみるんじゃ。ちょっとビックリするじゃろ?しかも、その写真をフォトコンテストに勝手に出されたら・・・。
だからコミニケーションが大事なんじゃ。一声かけるかどうかで、後々の写真の扱い方が大きく変わるぞ。

<いざ撮影。まずは挨拶から。最後に本題を。>
最初は何と話しかけていいかわからんな。まずは「こんにちは」と声をかけてみるんじゃ。次に自己紹介。あなたが誰なのか、何者かを伝えるのが大事じゃ。何者かわからないとみんな不安じゃからな。続いて、被写体となる人に撮影協力のお願い。できることなら、自分がイメージするポーズをとってもらえたら最高じゃな。撮影が終ったら、撮った写真を見せて上げるんじゃ。良く撮れていれば、感想などを言ってくれるはず。そこで、フォトコンテストの話を切り出すんじゃ。最初からコンテストの話になると中々撮影協力してもらえんからな。
出来ることなら、被写体となる人の名前と連絡先が聞けるとなお良い。そして、印刷した作品を送ってあげるのも良い方法じゃ。そんなやりとりをする時に便利なのが名刺じゃ。簡単な自分の連絡先が書かれた名刺を持っていると相手も安心。
もちろん、これは一例。基本は被写体になる方に迷惑が及ばないことを説明できればいいんじゃ。積極的にやってみるんじゃ。

<もし、撮影拒否されたら・・・>
時には撮影拒否されることもある。蓮じいもそんなことしょっちゅうあるんじゃ。だけど、それに負けていては良い写真は撮れん。諦めて、次の被写体を探すんじゃ。

<コミュニケーションで旅がもっと楽しくなる!>
声をかけるのが面倒だと思う人も多いはずじゃな。だけど、旅の醍醐味は旅先で出会った人との会話だったりもする。地元の人と話すと、ガイドブックには無い面白いスポットを紹介してくれたり、意外な展開が生まれたり・・・。それが旅じゃ。料理屋さんで料理を撮影するときも店主に話しかけてみるんじゃ。知らなかった地元素材の話を聞けたり、役立つ情報を得られたりするぞ。

<撮影許可が無いと投稿が無効になる可能性も・・・>
撮影許可が無い環境ポートレート写真は場合によっては投稿が無効になる場合があるぞ。受賞した後、何らかの問題が起きた場合は当プロジェクトは一切責任を負えん。そんなことになると面白くないので、ぜひ気をつけてくれ。

バスツアーで行く下岡蓮杖展

バスで行く!
“下岡蓮杖展”と“世界遺産・三保の松原”ツアー


ツアー名
「日本写真の開拓者 下岡蓮杖展と世界遺産・三保の松原」
【ご旅行日】平成26年6月21(土)・28(土)
【コース】金原車庫(松崎)6:20発→下田駅6:30発→静岡県立美術館(下岡蓮杖展)10:30見学後12:30発→エスバルスドリームプラザ12:50自由食後14:00発→三保の松原14:20見学・買い物後15:30→下田駅19:30頃→金原車庫(松崎)19:40頃
【ご旅行代金】大人4,500円(大学生以下・70歳以上の方は学生証・保険証の提示で500円引き)
【問合せ・お申込】東海バストラベル下田(TEL.0558-22-2511 静岡県下田市東本郷1-1-5)
【旅行後援】下田商工会議所(TEL.0558-22-1181)

【下岡蓮杖展詳細】静岡県立美術館

renjoten.jpg

※募集人員各40名・最少催行人員25名(24名以下の場合はツアーを中止させていてただく場合があります。)
※このツアーはバスガイドが同行致します。
※10日前からキャンセル料が発生します。

下岡蓮杖展が今度は静岡に上陸!!

東京・恵比寿の東京都写真美術館で行われた「没後百年 日本写真の開拓者 下岡蓮杖」展覧会が今度は静岡に上陸。
まだ、ご覧になっていない方はぜひ、ご来場ください。開催期間中、関連イベントが行われます(下記参照)。

renjoshizuoka.jpg

開催期間 2014年 6月10日(火)〜7月21日(月・祝)
開館時間 午前10時〜午後5時30分 ※展示室への入室は午後5時まで
休館日  毎週月曜日  ※ただし、7月21日(月・祝)は開館
観覧料  一般 700円(500円) 70歳以上 400円(300円) 大学生以下 無料
     ※( )内は20名以上の団体および前売料金(前売券は6月9日[月]まで販売)
     ※収蔵品展・ロダン館も併せてご覧いただけます。
     ※身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳の交付を受けている方と付添者1名は無料。
専用ホームページ


“下岡蓮杖しもおかれんじょう(1823-1914年)は日本の写真開祖の一人。幕末に下田で生まれ、初め絵師を目指して狩野派に入門します。写真との出会いがその後の人生を大きく変えます。外国人写真師から機材と写場を引継ぎ、独学でその習得に努めました。横浜で写真師として成功を収めた後、浅草に移り住みます。進取の気性に富む蓮杖は、日本画のみならず、油彩画を含む絵画制作も続ける一方、石版画作品にも挑戦し、浄瑠璃を創作するなど、実に多彩な芸術活動を繰り広げました。
 今年は蓮杖没後100年。この展覧会は、蓮杖の写真を中心に、絵画、工芸品と資料など約280点によって、知られざる蓮杖の全貌を紹介する大回顧展です。また、当館で日本の初期写真を展示する初の試みでもあります。日本の初期写真史において重要な位置を占める下岡蓮杖の世界、どうぞお楽しみください。
※会期中、展示替えがあります。”(静岡県立美術館HPより抜粋)

renjoevent.jpg

第1回 写真の祖 下岡蓮杖写真コンテスト 入賞作品紹介

2013年、第1回 写真の祖 下岡蓮杖写真コンテストにおいて、入賞された作品を掲載いたします。
※実際のものと、色・質感等、多少の差があることをご了承ください。
※画像の転載、転用などは固くお断り致します。

【下岡蓮杖賞】(最高賞)
山田清隆
※組写真の部 最優秀賞から

yamada01_2013.jpg

yamada02_2013.jpg

yamada03_2013.jpg

【カラーの部】
<最優秀賞>清野飛遊 〜赤い絆〜

seino_2013.jpg

<優秀賞>渡辺玲子 〜夜空を彩る〜

reiko_2013.jpg

<優秀賞>杉本直三 〜東海バスで下田の街へ〜

sugimoto_2013.jpg

【カラーの部】
<入 選>
森田光衛 〜付き添う男〜

morita_2013.jpg

矢島悦子 〜夕陽を浴びて〜

yajima_2013.jpg

深沢 真 〜春〜

hukazawa_20103.jpg

浅田 享 〜希望〜

asada_2013.jpg

近藤好男 〜満喫の夏〜

kondo_2013.jpg

竹之内範明 〜射光の犬走島〜

takeuchi_2013.jpg

【モノクロの部】
<入 選>
清野飛遊 〜祭りの華〜

seino2_2013.jpg

【組写真の部】
<最優秀賞>
山田清隆 〜稲生沢川物語〜
上記 【下岡蓮杖賞】(最高賞)

<優秀賞>
萩嶋留美 〜私の下田色〜

hagino_2013.jpg

清野飛遊 〜下田の町と女学生〜

seino3_2013.jpg

<入 選>
武井キヨミ 〜山霊〜

takei_2013.jpg

伊藤瑞恵 〜庭花〜

ito_2013.jpg

長谷川佐智子 〜時を刻む〜

hasegawa_2013.jpg

村山登美雄 〜水面〜

murayama_2013.jpg

【ネット投稿の部】
<下田市長賞>
白井宏尚 〜海を語る〜

sirai_2013.jpg

<下岡蓮杖顕彰する会 会長賞>
鈴木正人 〜ジオアート〜

suzuki_2013.jpg

<下田商工会議所会議賞>
英みどり 〜南豆製氷 水辺の情景その3(帰り道)〜

hanabusa.jpg

<入 選>
平田小百合 〜将来はプロサーファー〜

hirata_2013.jpg

宇都宮通彰 〜市場からの夕焼け〜

utunomiya.jpg

鈴木さよ子 〜9月の海〜

suzukisa_2013.jpg

鈴木陽人 〜寝姿山でドガン!?〜

suzukiaki.jpg

山梨ゆかり 〜ここにもハート?〜

yamanasi.jpg

上田 恵 〜太陽の神に包まれて〜

ueda_2013.jpg

横田祥子 〜父と息子たち〜

yokota_2013.jpg

加畑東一 〜波と松〜

kabata_2013.jpg

第1回 写真の祖 下岡蓮杖写真コンテスト 入賞者

第1回 写真の祖 下岡蓮杖写真コンテストにご投稿していただいた皆さま、誠にありがとうございました。
厳正なる審査の結果、以下の作品が選出されましたことをご報告いたします。

【下岡蓮杖賞】(最高賞)
 山田清隆 ※組写真の部 最優秀賞から
【下岡蓮杖特別賞】
 清野飛遊 ※カラーの部 最優秀賞から
【カラーの部】
 <最優秀賞> 清野飛遊 〜赤い絆〜 
 <優秀賞> 渡辺玲子 〜夜空を彩る〜
       杉本直三 〜東海バスで下田の街へ〜
 <入 選> 森田光衛 〜付き添う男〜
       矢島悦子 〜夕陽を浴びて〜
       深沢 真 〜春〜
       浅田 享 〜希望〜
       近藤好男 〜満喫の夏〜
       竹之内範明 〜射光の犬走島〜

【モノクロの部】
 <入 選> 清野飛遊 〜祭りの華〜
【組写真の部】
 <最優秀賞> 山田清隆 〜稲生沢川物語〜
 <優秀賞> 萩嶋留美 〜私の下田色〜
       清野飛遊 〜下田の町と女学生〜
 <入 選> 武井キヨミ 〜山霊〜
       伊藤瑞恵 〜庭花〜
       長谷川佐智子 〜時を刻む〜
       村山登美雄 〜水面〜
【ネット投稿の部】
 <下田市長賞> 白井宏尚 〜海を語る〜
 <下岡蓮杖顕彰する会 会長賞> 鈴木正人 〜ジオアート〜
 <下田商工会議所会議賞> 英みどり 〜南豆製氷 水辺の情景その3(帰り道)〜
 <入 選> 平田小百合 〜将来はプロサーファー〜
       宇都宮通彰 〜市場からの夕焼け〜
       鈴木さよ子 〜9月の海〜
       鈴木陽人 〜寝姿山でドガン!?〜
       山梨ゆかり 〜ここにもハート?〜
       上田 恵 〜太陽の神に包まれて〜
       横田祥子 〜父と息子たち〜
       加畑東一 〜波と松〜


カメラ