伊豆下田の偉人「下岡蓮杖」を全国へ。カメラの祖、下岡蓮杖プロジェクト

平成26年度小規模事業者地域力活用新事業 ∞ 全国展開支援事業

お知らせ・伊豆下田News

#写真で旅する下田2022 Instagramフォトコンテスト 受賞作品

photocon_grandpri.jpg

2022年度の「#写真で旅する下田2022 Instagramフォトコンテスト produced by 下岡蓮杖写真コンテスト」が開催されました。
審査会を経て入賞された作品をこちらに掲載いたします。
※実際のものと、色・質感等、多少の差があることをご了承ください。
※画像の転載、転用などは固くお断り致します。

フォトコンテスト公式サイトはこちら

<下岡蓮杖賞>(最高賞)
yuzuao_hiyori 「かき氷」
yuzuao.jpg

<下田市市長賞>(優秀賞)
土屋尊司 「夏色のコントラスト」
takashi.jpg

<下岡蓮杖を顕彰する会会長賞>(優秀賞)
rico.wave 「目覚め」
rico.jpg

<下田商工会議所会頭賞>(優秀賞)
nunokawakyouhei 「龍宮の癒し」
nunokawa.jpg

<写真家 岩倉しおり賞>(審査員賞)
yume29i 「下田ブルーを辿る」
yume29i.jpg

佳作
minaminog_cam 「もうちょっとだけ」
minaminog.jpg

ik01_02 「帰りの服は買いました。」
ik01.jpg

okirakulife86 「遠い日の警戒を思い見晴らす」
okirakulife.jpg

西川 力 「安らぐ夜の竹あかり」
nishikawa.jpg

青木 真 「黒船祭」
aoki.jpg

Instagramフォトコンテスト「#写真で旅する下田2022」

photocontest2022_top.jpg

伊豆下田のとっておきの写真を募集!
Instagramフォトコンテストを開催。入賞作品には下田

2年間お休みとなっておりました下岡蓮杖フォトコンテストですが、Instagramを使った新たなカタチで開催となります。
応募方法はとっても簡単。とっておきの下田の写真をInstagramにて#写真で旅する下田2022をつけて投稿するだけ。
受賞作品には素敵なプレゼントを進呈いたします。

<<専用サイトはこちら>>

<参加方法>
・投稿募集期間:2022年7月8日(金)~9月11日(日)
・参加条件:
1.公式Instagram @shimoda_phototrip をフォロー
2.下田市内で撮影したとっておきの写真を、投稿に撮影場所を記載し、#写真で旅する下田2022をつけて投稿
・当選発表:
入賞作品は、9月11日以降公式サイトにて発表予定です。入賞者の皆様には別途InstagramのDM(ダイレクトメッセージ)でお知らせいたします。
入賞作品は2022年10月中旬に、伊豆急下田駅で展示予定。
投稿前に募集要項・規約をチェック:https://www.ppschool.jp/shimoda-phototrip2022/description

<入賞作品の進呈!プレゼント一覧>
【下岡蓮杖賞】1万円相当の下田おみやげセット・トロフィー・写真家 岩倉しおり直筆サイン入り!オリジナルフォトTシャツ・入賞者展

【優秀賞(下田市市長賞、下岡蓮杖を顕彰する会会長賞、下田商工会議所会頭賞)】5千円相当の下田おみやげセット・写真家 岩倉しおり直筆サイン入り!オリジナルフォトTシャツ・入賞者展

【写真家 岩倉しおり賞】写真家 岩倉しおり直筆サイン入り!オリジナルフォトTシャツ・入賞者展

<こちらもチェック!注目イベント>
下田と東京で写真展を同時開催

下田のまちを舞台に写真展を開催。
写真家 岩倉しおりが撮り下ろした下田の風景をお届け。
また、東京・表参道にあるWONDER PHOTO SHOPでも写真展を同時開催。
オンラインショップにてオリジナルグッズを販売。

<写真で旅する下田”とは>
静岡県下田市は、最高水質AAを誇る海や、世界に誇るジオサイトと、風光明媚な観光地です。
また、開国のまちとして発展し、豊かな文化を築いてきた歴史を持ちます。近年では、商業写真の開祖として知られる下岡蓮杖の生まれた町であることや、風景資源を活かした取り組みとして「写真の町」としての活動もおこなわれており、代表的な取り組みとしてSNSを使って下田の魅力を写真で発信する「下田写真部」などがあります。
新型コロナウイルス感染症の影響によってグループでの旅行、インバウンド旅行などが控えられている中、上述した特色を持つ観光地である下田に訪れていただくために本プロジェクトは始まりました。
写真で旅する下田2022は、「写真の旅 in 下田」をコンセプトに、写真展とInstagramフォトコンテストの2つを展開いたします。
SNSフォロワー数36万人をもつ写真家・岩倉しおりが撮り下ろした伊豆下田の風景を、公式Instagram(@shimoda_phototrip)で順次、公開していきます。

主催
下岡蓮杖プロジェクト
事務局
下田商工会議所
運営
株式会社シー・エム・エス
協賛
小林テレビ設備有限会社、下田温泉旅館協同組合、下田市、下田料理飲食組合、下田ロータリークラブ、下田ロープウェイ株式会社、富士フイルムイメージングシステムズ株式会社、丸三工業株式会社(50音順)
協力
伊豆急行株式会社、下田写真部


写真で旅する下田 公式サイト:https://www.ppschool.jp/shimoda-phototrip2022
公式Instagram:https://www.instagram.com/shimoda_phototrip

TRIP SHOT CONTEST 2020 開催中止

tsc2020_top.jpg
本年度「TRIP SHOT CONTEST」につきましては、皆様ご承知の通り新型コロナウイルス感染拡大を受け、コンテスト従事者また参加者の安全を考慮して中止する事と致しました。大変恐縮ですがご理解いただきますようお願い申し上げます。

TRIP SHOT CONTEST in 伊豆下田 2019 受賞作品

第3回目となる「TRIP SHOT CONTEST 2019 in 伊豆下田 produced by 下岡蓮杖写真コンテスト」が開催されました。限られた時間の中で、参加者の皆さんがプロの写真家の先生と一緒に下田を回りながら、写真を撮影してコンテストに提出頂きました。
厳正な審査会を経て入賞された作品をこちらに掲載いたします。

※実際のものと、色・質感等、多少の差があることをご了承ください。
※画像の転載、転用などは固くお断り致します。

<下岡蓮杖賞>(最高賞)
石橋康彦 「今年の出来」
tsc_1.jpg

<下田市長賞>
大熊さゆり 「ビーサン」
tsc_2.jpg

<下岡蓮杖を顕彰する会会長賞>
犬飼拓哉 「のたりかな」
tsc_3.jpg

<下田商工会議所会頭賞>
竹内真琴 「ほっ」
tsc_4.jpg

<ニコン賞>
河合由貴 「豊作スマイル」
tsc_5.jpg

以下、審査員賞

上田晃司賞
櫻井由香 「明日へ」
tsc_6.jpg

コムロミホ賞
廣木克己 「夏の終わりに…。」
tsc_7.jpg

藤原慶賞
中井隆雄 「朝の刹那」
tsc_8.jpg

熊切大輔賞
小野学 「毎日続けてきたこと」
tsc_9.jpg

山口規子賞
野崎沙与里 「見てるよ」
tsc_10.jpg

松本友希賞
菊田淳 「ありがとう」
tsc_11.jpg


以下、佳作

<佳作>
井上メイコ 「探しものは何ですか?」
tsc_12.jpg


<佳作>
佐伯尚 「くつろぎ」
tsc_13.jpg


<佳作>
川崎理香 「ひとつひとつ」
tsc_14.jpg

<佳作>
足立洋子 「深き蒼 癒しの海」
tsc_15.jpg

<佳作>
中西理恵 「旅出ち」
tsc_16.jpg


<佳作>
中島一樹 「祈り」
tsc_17.jpg

TRIP SHOT CONTEST 2019 参加者募集

tripshot2019.jpg
今年で3回目となる下田発のカメライベント、その名も「TRIP SHOT CONTEST」。2019年は9月28日(土)と29日(日)の2日間に撮影会を行い、そこで撮影された作品をエントリー、その中から審査員が最高賞を決定します。

当日は、プロカメラマンと地元をよく知る下田写真部メンバーが同行し、下田を案内しながらフォトレクチャーをします。撮影だけではない人との交流を楽しみながら下田を満喫、最後はそれぞれの作品をプロのカメラマンが講評してくれます。28日の夜は参加者と一緒に懇親会(自由参加)もあるので、カメラ好きな仲間とワイワイ盛り上がります。
詳しくは専用サイトにてご覧ください。

以下、コンテストの詳細。

開催日/2019年9月28日(土)と29日(日) 両日参加可能の方
会場/静岡県下田市
集合場所/下田市民文化会館
参加方法/専用サイトからお申し込みください。
参加費/13,000円
*現地までの交通費、食費、宿泊費は参加費には含まれません。移動・宿泊はご自身でご手配ください。
*コース内を移動するときには、自家用車は必要ございません。ただし、現地まで自家用車でお越しいただく分には構いません。
参加特典/今回の企画はカメラメーカーのNikonが協力してくださっています。当日はもれなく、Nikonの一眼レフカメラをお貸出しします。参加者全員にコンテスト特別ノベルティグッズをプレゼント。

カメラ